働きすぎな日本人と働かないオージー。日本とオーストラリアの働き方の違いについて。

こんにちは。おーちゃんです。

 

「日本人は働き者」という声を聞いたことはありますか?

ずっと日本で働いているとそれが当たり前の感覚になってしまっているかもしれませんが、世界的に見ると日本はかなり働き者、いや、働きすぎな国といえます。一方で、タイトル通り、オージー(オーストラリア人)が働かないという話も有名です。

 

オーストラリアで働く日本人は、普通に自分が与えられた仕事をこなしているだけで、とてもよく働いてくれていると評価されます。それだけオージーが働かないということですね。仕事への向き合い方や働く姿勢もそうですが、制度的に見てもオーストラリアと日本の労働者を取り巻く環境は異なります。

 

オーストラリアでは、1年間のうち4週間の長期休暇(有給休暇)をとることができます。この期間を利用して、家族と旅行に行ったりバカンスを楽しんだりします。また、この休暇は使わないと翌年もその翌年もずっと繰り越され続けるので、ほとんどのオージーが年に4週間の休みをきちんと取っています。

 日本では連休は取れてもせいぜい1週間ほどではないでしょうか。また、有給休暇制度があるとはいえ、すべての日数を消化できる人はかなり限られていると思います。その上、繰り越しは2年までしかできないので、使わないとそのまま消滅してしまいます。

 

そんな日本とオーストラリアですが、私自身こっちに住んでみて、やっぱりオージーは働かないな、と感じる場面は多々あります。典型的な例のひとつが、建設工事の完了日の引き延ばしです。オーストラリアでは、道路やビルなどの工事は、ほとんどの場合が予定されていた期間では終わりません。きちんと予定通り進んだという話はまず聞いたことがありませんね。

 

身近な例として、私は現在、某出版社にてインターンシップをしているのですが、同じビルに入っている隣のテナントが大規模工事をしています。この工事は9月で終わると言われていたのですが、11月になった今もまだ完了していません。9月以降もうちの社内では隣の工事の機械音が鳴り響き、ペンキの匂いが漂っています。他の社員さんたちも皆いつ終わるのかと呆れています。

 

また、こっちで出会った友達の話ですが、今年の4月から新しくオープンするという美容院がスタッフ募集の求人を昨年末に出していたようです。そしてその友達は2月に採用の連絡をもらっていたのですが、なんとその美容院は今現在も工事中でオープンしておらず、友達はそれを待ち続けています。先月中にオープンするという連絡をもらっていたそうなのですが、もう先月も終わってしまいました。

 

オージーには残業するという考えがほとんどないんです。その日の勤務時間内に仕事が終わらなかったら、それは明日に持ち越します。日本であれば、今日中に終わらせなければいけないものは、残業をしてでも対応することが多いと思いますが、プライベートを大事にするオージーにそれは通用しません。だから工事もどんどん延びて遅れていくんですね。ほとんどの人がそういう感覚なので、誰もイライラしないんでしょう。ある意味すばらしいですね。

 

現在、シドニー中心街では下記のように至る所で大規模な道路工事が実施されています。路面電車を開通させるためです。

 f:id:oh_chan:20171101214545j:image

完成は2019年とされていますが、本当に予定通り終わるのでしょうか。ほとんどの人が予定通り終わることを期待してないように思えます。笑 

 

こっちで長い間住んでいる日本の友人や先輩たちに意見を聞くと、オージーは本当に働かないからイライラする、オージーと一緒に仕事をすると仕事が進まないから嫌だ、などと嘆いていました。日本人とオージーは働くという点では真逆なので、やはりその環境に慣れることは難しいのかもしれませんね。

 

しかし個人的には、そんなオーストラリアを魅力に感じることもあります。家族やプライベートの時間を大切にするところはとても素敵だなと思います。海外に出てみて、日本人は本当に働き者できっちりしていると改めて実感しました。勤勉なのは悪いことではないですが、働くことが美徳と評価されすぎるのはかなり危険だと思います。特に昨今の過労死や過労自殺のニュースを見ると本当に胸が痛みます。これは一個人や一企業の問題ではなく、日本社会に蔓延する考え方の問題ですね。

なんのために働いているのか、ふと立ち止まって考えてみる時間をつくることも大切です。日本ではそんな余裕すらないかもしれませんが。。。

 

最後に、、、

 f:id:oh_chan:20171101214516j:image

この写真、見覚えありますか?2つ前の記事に載せたオープン前のやよい軒の写真です。前回から変わっている部分がひとつあります。わかりますでしょうか。

そうです、オープン日がOctober (10月)からDecember(12月)に延びています。昨日これを見つけて、またか、、と思わず苦笑いしてしまいました。笑

本当のオープンは一体いつになるのでしょうか。

 

何かご質問やご意見、ライティングの依頼などがあれば下記までお願いします!

お問い合わせ:oh_0229@yahoo.co.jp

 

シドニーのジャパレスの面接で、初めて会った面接官に説教をされた話

こんにちは。おーちゃんです。

 

今日は前回に続きジャパレス(日本食レストラン ※ジャパニーズレストランの略)に関するエピソードをもう1つ書きたいと思います。

f:id:oh_chan:20171116131228j:image

 

タイトルの通り、私はシドニーにある某ジャパレスのバイトの面接で面接官にガチで説教をされた経験があります。衝撃ですよね、、、ちなみに私は出会ってすぐの他人から説教を受けるような、いわゆるヤンチャで悪そうなタイプではありません。笑

 

衝撃の体験をしたのは今から2ヶ月前、シドニーについてすぐの頃。前回の記事で書いたジャパレスの面接の数日前です。手っ取り早く働ける仕事を探していたときに、そこの求人を見つけました。(ここではM屋とします。)

早速メールで履歴書を送ると返事が返ってきて、面接の機会を頂くことになりました。数多くのジャパレス求人からたまたま見つけたM屋の面接です。特に何も考えず、給料や条件が悪すぎたら断ろう、という気持ちで現地に向かいました。

 

現地に着くと、自己紹介書のような紙を渡され記入するよう言われました。そこには名前や住所の他に、「あなたの夢はなんですか?」や「オーストラリアでやりたいことはなんですか?」という質問がありました。それを見たとき、ジャパレスの面接でどこまで聞いてくるんだ、と疑問に思いましたが、あまり深く考えず適当に穴を埋めていきました。

 

その後面接が始まりました。そこで面接官からでた最初の質問が、「志望動機はなんですか?」というものでした。私はこの質問に少し戸惑いました。(ジャパレスのバイトに特別な志望動機なんてないけど、、)と思いながらもアドリブで適当に答えました。

 

すると面接官は続いて、「他のジャパレスではなくM屋を選んだ理由を教えてください」と質問してきました。さすがにこの質問にはアドリブでパッと答えられませんでした。M屋も他店も私にとっては同じ「ただのジャパレス」でしかなかったからです。

私は言いました。「御社の求人を見たときに、なにか縁のようなものを感じたので応募しました。」、、、かなり苦しいですね。気まずかったです。笑 

 

面接官の質問は続きます。「当グループは複数店舗を展開していますが、どこで働きたいですか?」私はどこに店舗があるのかよく把握していなかったので、「どこで働くことになっても頑張りたいと思っています。」と答えました。そのときは、家から通いやすい希望勤務地を聞かれていると思っていました。

 

すると面接官は言いました。「うちはそれぞれのお店にコンセプトがあるのはご存知ですか?居酒屋風なお店もあれば、定食屋さん、高級レストランなど、店舗によって雰囲気も働き方も全然違いますよ?」

面接官の質問は続きます。「うちがいくつ店舗を持っているのかはご存知ですか?」私はもう無理だと思って、正直に言いました。「すみません、わからないです。私の勉強不足です。」

すると面接官は、手に持っていたペンを置いて、こう言いました。

 

「うちは夢を持って一生懸命がんばっている人を雇いたいんです。うちで学んで飲食のプロになりたいとか、日本に帰ったら飲食店を経営したいとか、そんな夢を持った人を求めています。面接に来た人誰でもいいわけじゃないんです。中途半端な気持ちで来る人は中途半端にやめていきます。もう一度考え直してきてください。もしもう一度考えて、それでもやっぱりうちで働きたいと思ったときに、改めて面接を受けに来てください。うちのことを知りたければ、一度お店にお客さんとして食べにきてみてください。…なにか最後に言いたいことはありますか。」

 

いやいや、、、まじかよ。ってなりましたね。ジャパレスの面接でどこまで言われなあかんの!?って。逆にだんだんムカついてきた私は、最後に面接官に言いました。「私はシドニーで他にやりたいことがあるので、とりあえずの生活費を稼ぐためにバイトを探しています。たまたまM屋さんが求人を出していたので応募しました。M屋さんがそのような人をお探しだったということであれば、それを知らなかった私の確認不足です。この面接を通して私には合っていないと思いました。今日はお時間ありがとうございました。」

 

今までこんなジャパレスの面接は聞いたことがありません。ジャパレスは常に人を求めていて、面接時には労働条件を話し合って、合意すればそのまま働く、というイメージでした。それは、ワーホリ勢の中ではジャパレスで働くのは最終手段というイメージがあるからです。ワーホリに来ている日本人は、英語を身に付けたいという目的を持った人が多いので、日本語環境のジャパレスで働きたくないと思うのは仕方ないことだと思います。そんなジャパレスの面接で、私のことを何も知らない他人にそこまで言われたのに対して、かなりモヤモヤしました。なんか変な面接官に会ったな、という気持ちで帰りました。

 

それからそこのお店には良いイメージを持っていなかったんですが、最近その考えが改まる出来事がありました。ほんの数日前です。前回のジャパレス記事を書いた後に、記事を読んでくれた友人Tさんからコメントをもらいました。彼は日本で飲食店を経営していた経験があり、パースにいるときに知り合った友人です。彼は言いました。

 

 「1番俺が危険に感じる考え方は、『ジャパレス=働く最終手段。』こういう考え方が万延すると、雇用する側は足下を見出して、雇用される側はジャパレスやから簡単に採用されるっていう甘い考えが生まれる。俺はもしジャパレスで働くってなったら、そこで得れることは根こそぎ得ようと思ってる。それぐらいのモチベーションを維持させてもらえるような場所を選ぶ。俺は飲食で生きてきたから、ジャパレスで働くメリットが賄いだけっていう考えはしたくない。現状それしかメリットがない店が圧倒的に多いやろうけど、こういった問題にしっかり向き合ってるお店も多少なりあることを信じたい。」

 

私はこれを聞いたときにM屋を思い出しました。M屋はきっとそういうプライドを持ってお店を経営しているんだと、このときに気づきました。最終手段ではなく、そこを自ら選んで来てもらえるようなお店だという自負があったんだと思います。そして実際M屋はシドニーで三本の指に入る大きなジャパレスグループで、給料もきちんと合法基準で支払っている優良店でした。

 

私はこのとき、面接で少し生意気な態度を取ってしまって申し訳なかったな、と思ったと同時に、異国の地で日本食を広めるために頑張っているM屋を誇らしく思いました。(だれ目線って感じですが。笑)

 

まだM屋には食べにいったことがなかったので、この機会に近々行ってみようと思います。

 

何かご質問やご意見、ライティングの依頼などがあれば下記までお願いします!

お問い合わせ:oh_0229@yahoo.co.jp

 

 

違法労働が横行するオーストラリアのワーホリ。ジャパレスの実態。

こんにちは。おーちゃんです。

 

オーストラリアの賃金が高いことは前々回の記事で少し触れましたが、実は実際にワーホリで渡豪した人が、きちんと最低賃金以上もらえる合法の仕事につくのは簡単ではないんです。日本人の多くは、最低賃金以下の違法の仕事に就いているのが実情です。その多くは日本食レストラン。通称ジャパレス(ジャパニーズレストラン)ですね。

 

ジャパレスの多くは給料を現金で手渡しています。これをキャッシュジョブといいます。通常、給料は銀行振込ですが、違法で雇っているのがバレないように現金で支払われます。それによって、店側は国に税金も年金も払わずに労働力を確保することができます。

※通常は労働者の給料の9.5%にあたる金額を年金として雇用主が積み立てる必要があります。(スーパーアニュエーション制度)ワーホリの人は帰国時に積み立てられた分を受け取ることができます。

 

そんな私もシドニーで数ヶ月だけジャパレスで働いていました。それまでは別の仕事をしていたのですが、シドニーで企業インターンシップ(無給)等いろいろとやりたいことがあり、手っ取り早く最低限の生活費だけ稼ぎたいという思いがありました。そこで、偶然家の真横にあったジャパレスに飛び込みで履歴書を持って行ったのが始まりです。

 

その場ですぐに面接をしてもらったのですが、なんと伝えられた給料が、時給$10スタート。1ヶ月で$12に上がり、その後は能力次第とのこと。最低賃金が約$17というのを考えるとかなり低いです。そのまま明日から働いてほしいと言われ、帰る際に制服を渡されました。

 

最初は給料が低すぎるのでやめとこうと思ったのですが、そこのお店は半分以上のスタッフが外国人(韓国、中国、台湾、ベトナム、マレーシア、インドネシア、ネパール、カザフスタン、ブラジルなど)で英語環境だったこと、そしてジャパレスってどんな感じなんだろうという好奇心もあり、試しに働いてみることにしました。まあ、家から徒歩5秒というのも大きな理由です。笑

 

ホールスタッフとして翌日から働き始めたのですが、仕事内容は簡単でしたが、立地がシドニーのど真ん中ということもあり、かなりお客さんが多くて忙しかったです。

そんな中で1ヶ月半ほど働いた頃、マネージャーと話す機会がありました。そこで、なんと私の時給を$15近くまで上げてあげたいと思っている、という話をされました。ただしシフトをもう少し増やすこと、バイトリーダー的なポジションになることを条件にされました。

そのときはすごいラッキーだと思いました。実際、合法のお店で仮に時給$17をもらった場合、税金で15%ほど引かれた金額が振り込まれるので、手取りは$15以下になってしまいます。それを考慮するとキャッシュで$15もらう方が手取りが多いことになります。

 

それからシフトをどれくらい増やせるかを考えていたのですが、今後のスケジュールを見てみると自分の予定がジャパレスだらけになることに気づきました。そこでハッとしました。時給が上がって、勤務時間を減らせるならまだしも、勤務時間が増えてしまうとなると本末転倒。。。お金を稼ぎに来たわけではなく経験を積みにオーストラリアに来たのに。

そのときにいろいろと考えた結果、そのお店を辞めることにしました。多国籍なスタッフと働けて英語の勉強にはなっていたのですが、限られた時間の中でここで長く働いていても得られるものは多くないと判断したからです。賃金が低いだけあって人の入れ替わりは激しかったので、特に問題なく辞めることができました。

 

ジャパレスに対しては賛否両論ありますね。

わざわざ遠いオーストラリアに来てまで日本語環境で働くことに対してネガティブな意見が多いと思います。ただ、英語が全く話せない人でも、ジャパレスのおかげで到着後すぐに職を手にすることができるという側面もあります。正直シドニーやメルボルンなどの大都市であれば、ほとんどの人が1〜3日あれば仕事が見つかるので、お金がなくて生活できないという状況は避けることができます。

また個人的にジャパレスの良いところは賄いで日本食が食べられるところですね。オーストラリアは外食すると、ディナーだと平気で一食$20を超えます。賃金が高い分、外食費もすごく高いです。そこを抑えられるのは大きなメリットだと思います。

 

オーストラリアにはジャパレスが本当にたくさんあります。

f:id:oh_chan:20171024143138j:image

写真はオープン前のやよい軒です。シドニーでは、やよい軒が続々と店舗をオープンさせています。ここも私の家の近くですが、私が働いていたジャパレスではありませんので。やよい軒は合法で給料をくれる優良店なのでトライしてみてください。笑

 

いずれにしても、ワーホリや留学で渡豪される方はそれぞれの目的を見失わずに充実した日々を送ってもらえたらと思います!時間は有限なのでね。自分にも日々言い聞かせています。。。

 

では、また!

 

 

何かご質問やご意見、ライティングの依頼などがあれば下記までお願いします!

お問い合わせ:oh_0229@yahoo.co.jp

オーストラリアの国土は日本の20倍!世界の面積ランキング第6位!

こんにちは。おーちゃんです。

 

前回に引き続き、オーストラリアの基本情報にもう少し触れていきたいと思います。

f:id:oh_chan:20180102213134j:image

さて、タイトルにありますが、オーストラリアの面積がどれだけ大きいか、みなさんご存知でしたか。なんと日本と比べると、20倍です!2倍や3倍じゃないですよ!日本列島が20個も入ってしまうんです。めちゃくちゃ大きいですよね。

 

では、そんな広大な土地に何人の人が住んでいるのか、想像してみてください。

なんと、、、、、総人口は、たったの2400万人です!日本の約6分の1の人しか住んでいないんです。驚きですね。じゃあ土地めちゃくちゃ余ってるの!?と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはないです。

人々が住んでいる地域の人口密度はそんなに低くないんです。

一体どういうことなのかというと、オーストラリアの国土のほとんどは「居住に適さない乾燥地域」なんです。そのため人口の約9割が海岸から50km以内のところで生活しています。

 

下記を見ても、代表的な都市はすべて海沿いにあるのがわかりますね。

f:id:oh_chan:20171020214558j:image

これらの都市に人口のほとんどが集中しています。それ以外の部分の土地が勿体無い気がしますが、砂漠や乾燥地域なので、仕方ないですね。これがオーストラリアの人口と国土の実態です。

 

そんなオーストラリアにはもう1つ驚くべきことがあります。なんと、国土が広いがゆえに、国の中で「時差」があるんです。日本人の感覚からすると、かなり違和感ではないでしょうか。州ごとに時間が異なっているんです。たとえば、西のパースと東のシドニーだと、2時間の時差があります。(サマータイム期間は3時間)

 

※サマータイム

日の出時刻が早まる夏の時期に、日照時間を有効活用するために時間を1時間進める制度。オーストラリアの場合は、10月〜3月はサマータイムが実施されます。(ただし、実施しない州もあり、州によって異なります)

 

国の中で時差があるって、すごい面倒なことがたくさん起こりそう!と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

私も初めて時差の事実を知った時、「じゃあ、自宅から職場まで行くのに州を越えたら時差が生まれるってこと!?」といろいろ想像したりしましたが、オーストラリアは国土が広すぎて、日常的に州をまたがって生活することはほとんどありません。日本とは規模が違うので同じ物差しで考えることはできないんですね。なので心配ご無用です。※ちなみに法律も州ごとに異なっています。

 

 もしオーストラリアに来る機会がある場合は、オーストラリアの中でもどこの地域に行くのかを意識して、情報収集してみてくださいね!

州ごとにいろいろと比較してみるとおもしろいかもしれません。

 

何かご質問やご意見、ライティングの依頼などがあれば下記までお願いします!

お問い合わせ:oh_0229@yahoo.co.jp

 

移民大国!オーストラリアの人口の4分の1は海外生まれ!?

こんにちは。おーちゃんです。


みなさんオーストラリア人って聞くと、どんなイメージですか?なにか思い浮かべるものはありますか?白人を連想する人が多いでしょうか。


実はオーストラリアって移民大国なんです。知っている人は知っているかもしれませんが、、、なんと全人口の4分の1は、「海外生まれ」です!私は最初にこれを知った時、かなりびっくりしました。

 

だって日本だとありえないですよね。日本の人口の4分の1、約3000万人が日本以外で生まれてるって、想像してみてください。このデータだけで、この国がどれだけいろんな人種が暮らしているのか少しはイメージしていただけるのではないでしょうか。

残りの4分の3はオーストラリア生まれと言っても、その人の親は海外生まれ、という可能性も非常に高いです。つまり、生粋のオーストラリア人を探すのは簡単ではないんです。


オーストラリアは1970年代から多文化主義の政策が始まってどんどん移民を受け入れ始めたんです。それまでは、白豪主義といって、白人以外の移民は事実上禁止していたんですよ。それが今では、いろんな人種の人が移り住んでいますね。
一番多いのがイギリスからの移民、そしてお隣のニュージーランド、その次に中国、インド、となっているようです。 シドニーは、チャイニーズの街と言われるくらい、中国系の人がかなり多いです。


実際、私もこっちで永住権の取得を目指している人にたくさん出会いました。現にハウスメイトのベトナム人の女の子も、永住権を取るために数年前から看護の勉強を始めました。今までは全く違う分野の仕事をしていたのですが、看護師の資格があると永住権を取りやすいとかで、方向転換したらしいです。永住権に対する意気込みがすごいですね。。。


先月まで同じ家に住んでいたトルコ人のおっちゃん(40歳くらい)も、エンジニアの勉強をして永住権取得を目指していました。今は学生ビザで滞在しているみたいです。

 

そんなオーストラリアも最近は移民を制限する傾向にあるようで、永住権取得のハードルが上がってきています。従って自力で永住権を取るには、高い英語力を身につけるのはもちろんのこと、優秀な人材、国から必要とされる人材であることが必要です。そのため、みんな自分がなにを武器にして永住権を申請するのか、試行錯誤しているようです。


オーストラリアは最低賃金が世界一高い国のひとつです。時給17ドル以上。日本円にすると約1500円。(2017年現在)※州によって多少変わります。
そして物質的に豊かで自然も多いです。また、いろんな文化が共存しているので、多くの人にとって非常に住みやすい国と言えるんでしょうね。共通言語が英語というのもポイントですね。

 

個人的にもオーストラリアは住みやすい国だなという実感があります。生活面でも不自由はないですし、なにより国民性といいますか、人々がおおらかで優しい気がします。これはいろんなバックグラウンドを持った人が集まっていることも影響していると思います。人間はこうあらなければならない、というような常識はありません。日本よりも他者に対して寛容だと感じます。


渡豪当初は、街を歩いているだけでいろんな人種の人がいてワクワクしたのを覚えています。今ではそれも当たり前の感覚になってきました。日本ではみんな同じ系統の顔の人が暮らしていると思うと、逆に不思議に思えてきたりもします。。
海外に出てみると新しい視点で物事を捉えるようになったりして、とても新鮮です!

 

f:id:oh_chan:20171019140651j:image

写真は、メルボルンにある州立図書館前でチェスをする人々。

なんか平和で微笑ましいですね。

 

では、また次回!

 

何かご質問やご意見、ライティングの依頼などがあれば下記までお願いします!

お問い合わせ:oh_0229@yahoo.co.jp

オーストラリア滞在記。都会と自然が調和する大都市シドニーから

こんにちは。おーちゃんです。
ブログ初投稿です!


このブログでは、自分の経験(海外生活、旅行、異文化交流など)を通しての、新しい発見や学び、気づいたことを発信していきます。
おそらく海外ネタが中心になると思いますが、日本の中での異文化体験や、新しい気づき、疑問に思ったことなどもあれば、合わせて書いていきます!


まず簡単に自己紹介から。
大阪生まれ、20代、女性。新卒で就職した上場企業を2年半で退職。 その後、海外渡航。
現在ワーホリビザでオーストラリアに滞在中。今まで訪れた国は約20ヶ国(まだまだ記録更新中!)


オーストラリアに来たのは10ヶ月前。メルボルン、パースを経て、2ヶ月前からシドニーに住んでいます。シドニーでは、アルバイトや企業インターンシップ、語学学校に通いながら忙しい日々を過ごしています。


家は、シドニーの超中心地。ベトナム人、韓国人、コロンビア人、フィンランド人と一緒にシェアハウスに住んでいます。オーストラリアって本当にいろんな国の人が住んでいるんですよ。なので1ヶ国に滞在しながら、世界のいろんな文化に触れることができます。素晴らしい!!

f:id:oh_chan:20171018212850p:image

写真は先月末にハーバーブリッジから撮ったオペラハウスです!綺麗ですよね〜この景色すごい好きです。


初めてハーバーブリッジを歩いて渡ったのですが、想像以上に長くて途中で歩いて渡ったことを後悔しましたね。全長1149メートルです。シングルアーチの橋ではニューヨークのベイヨン橋に次ぐ世界第2位の長さです。

f:id:oh_chan:20171018212856j:image

このハーバーブリッジなんですが、ブリッジクライムといって、なんと橋の上を登るアトラクションがあるんです。あの橋のアーチの頂上まで行けるとか。え!どういうこと?!って感じです。危なくないのでしょうか。。
私はまだ体験してないですが、興味ある人はシドニーに来たら試してみてください。$200以上かかるみたいですけどね、、笑 ($1=約90円)


今日はこのへんにして、次回からどんどん海外情報を更新していきたいと思います!
では、また〜!

 

何かご質問やご意見、ライティングの依頼などがあれば下記までお願いします!

お問い合わせ:oh_0229@yahoo.co.jp