違法労働が横行するオーストラリアのワーホリ。ジャパレスの実態。

こんにちは。おーちゃんです。

 

オーストラリアの賃金が高いことは前々回の記事で少し触れましたが、実は実際にワーホリで渡豪した人が、きちんと最低賃金以上もらえる合法の仕事につくのは簡単ではないんです。日本人の多くは、最低賃金以下の違法の仕事に就いているのが実情です。その多くは日本食レストラン。通称ジャパレス(ジャパニーズレストラン)ですね。

 

ジャパレスの多くは給料を現金で手渡しています。これをキャッシュジョブといいます。通常、給料は銀行振込ですが、違法で雇っているのがバレないように現金で支払われます。それによって、店側は国に税金も年金も払わずに労働力を確保することができます。

※通常は労働者の給料の9.5%にあたる金額を年金として雇用主が積み立てる必要があります。(スーパーアニュエーション制度)ワーホリの人は帰国時に積み立てられた分を受け取ることができます。

 

そんな私もシドニーで数ヶ月だけジャパレスで働いていました。それまでは別の仕事をしていたのですが、シドニーで企業インターンシップ(無給)等いろいろとやりたいことがあり、手っ取り早く最低限の生活費だけ稼ぎたいという思いがありました。そこで、偶然家の真横にあったジャパレスに飛び込みで履歴書を持って行ったのが始まりです。

 

その場ですぐに面接をしてもらったのですが、なんと伝えられた給料が、時給$10スタート。1ヶ月で$12に上がり、その後は能力次第とのこと。最低賃金が約$17というのを考えるとかなり低いです。そのまま明日から働いてほしいと言われ、帰る際に制服を渡されました。

 

最初は給料が低すぎるのでやめとこうと思ったのですが、そこのお店は半分以上のスタッフが外国人(韓国、中国、台湾、ベトナム、マレーシア、インドネシア、ネパール、カザフスタン、ブラジルなど)で英語環境だったこと、そしてジャパレスってどんな感じなんだろうという好奇心もあり、試しに働いてみることにしました。まあ、家から徒歩5秒というのも大きな理由です。笑

 

ホールスタッフとして翌日から働き始めたのですが、仕事内容は簡単でしたが、立地がシドニーのど真ん中ということもあり、かなりお客さんが多くて忙しかったです。

そんな中で1ヶ月半ほど働いた頃、マネージャーと話す機会がありました。そこで、なんと私の時給を$15近くまで上げてあげたいと思っている、という話をされました。ただしシフトをもう少し増やすこと、バイトリーダー的なポジションになることを条件にされました。

そのときはすごいラッキーだと思いました。実際、合法のお店で仮に時給$17をもらった場合、税金で15%ほど引かれた金額が振り込まれるので、手取りは$15以下になってしまいます。それを考慮するとキャッシュで$15もらう方が手取りが多いことになります。

 

それからシフトをどれくらい増やせるかを考えていたのですが、今後のスケジュールを見てみると自分の予定がジャパレスだらけになることに気づきました。そこでハッとしました。時給が上がって、勤務時間を減らせるならまだしも、勤務時間が増えてしまうとなると本末転倒。。。お金を稼ぎに来たわけではなく経験を積みにオーストラリアに来たのに。

そのときにいろいろと考えた結果、そのお店を辞めることにしました。多国籍なスタッフと働けて英語の勉強にはなっていたのですが、限られた時間の中でここで長く働いていても得られるものは多くないと判断したからです。賃金が低いだけあって人の入れ替わりは激しかったので、特に問題なく辞めることができました。

 

ジャパレスに対しては賛否両論ありますね。

わざわざ遠いオーストラリアに来てまで日本語環境で働くことに対してネガティブな意見が多いと思います。ただ、英語が全く話せない人でも、ジャパレスのおかげで到着後すぐに職を手にすることができるという側面もあります。正直シドニーやメルボルンなどの大都市であれば、ほとんどの人が1〜3日あれば仕事が見つかるので、お金がなくて生活できないという状況は避けることができます。

また個人的にジャパレスの良いところは賄いで日本食が食べられるところですね。オーストラリアは外食すると、ディナーだと平気で一食$20を超えます。賃金が高い分、外食費もすごく高いです。そこを抑えられるのは大きなメリットだと思います。

 

オーストラリアにはジャパレスが本当にたくさんあります。

f:id:oh_chan:20171024143138j:image

写真はオープン前のやよい軒です。シドニーでは、やよい軒が続々と店舗をオープンさせています。ここも私の家の近くですが、私が働いていたジャパレスではありませんので。やよい軒は合法で給料をくれる優良店なのでトライしてみてください。笑

 

いずれにしても、ワーホリや留学で渡豪される方はそれぞれの目的を見失わずに充実した日々を送ってもらえたらと思います!時間は有限なのでね。自分にも日々言い聞かせています。。。

 

では、また!

 

 

何かご質問やご意見、ライティングの依頼などがあれば下記までお願いします!

お問い合わせ:oh_0229@yahoo.co.jp