オーストラリアのシェアハウス事情!ホームステイよりもシェアハウスが人気

こんにちは。おーちゃんです。

今日はオーストラリアのシェアハウス事情について書いていきたいと思います。

 

オーストラリアに来ているワーキングホリデーなどの短期滞在者のほとんどは、シェアハウスに住んでいます。

このシェアハウスというのは、日本のシェアハウス施設とは少し違って、一般的なマンションや家を借りているオーナー(部屋の実際の借り手)が、それを又貸しするイメージです。主にインターネットを通して、直接そのオーナーとやりとりをします。オーナーは必ずオーストラリア人というわけではなく、私たちと同じように外国から来ている渡航者というパターンも多いです。

従って、その中で自己責任のもと、知らない人たちとひとつの家に住むことになります。

 

主に、リビングルームやキッチンは共有スペースで、それと別で、寝るための部屋が与えられます。部屋のタイプとしては、オウンルーム(1人部屋)とシェアルーム(複数人部屋)に分かれます。

 

これは今私が住んでいるシドニーのシェアハウスの共有スペースです。

 f:id:oh_chan:20171206091912j:image

 

オウンルームは文字の通り、その部屋を1人で使うことができます。部屋には、ベッドや机、クローゼットなどが備え付けられています。

シェアルームは、その部屋を複数人(2人〜6人くらい)で一緒に使います。3人以上で共有するシェアルームには2段ベットがあることが多いです。そして、ある程度広さがある部屋であればそれぞれの机や収納スペースも備え付けられていますが、狭い部屋だと2段ベットだけ並べられており、本当に寝るだけの部屋、という場合もあります。

 

当然、部屋によって家賃はさまざまです。部屋を貸したいオーナーが値段を決めて、インターネット上のウェブサイトで人を募集するという方法が一般的です。私は今までメルボルン、パース、シドニーでシェアハウスに滞在しました。この中だとシドニーが一番家賃が高くて、パースは安いです。

 

メルボルンで住んでいたシェアハウスは、マンションタイプでした。

オーナーはマレーシア人の男の子です。ハウスメイト(一緒に家に住んでいる人) は、オーナーと、その彼女(中国人)、そして、ドイツ人、台湾人、香港人です。オーナーと彼女がひとつの部屋に住み、私を含めた残りの4人でひとつの部屋に住んでいました。私の部屋はとても狭くて2段ベットが2つ置かれているだけでした。これで家賃は1週間140ドル(約12000円)です。

※基本的に家賃には、電気・ガス・水道代、WiFiは込みでついてきます。

 

オーストラリアでは週単位で家賃が表されます。そして週ごと(または2週間ごと)に家賃をオーナーに払います。※ちなみに給料の支払いも月単位ではなく、2週間ごとが多いです。

 

1週間12000円だと1ヶ月で約50000円。月5万円でメルボルンの都会に住めるなら安いと思ってしまいそうになりますが、実際に自分のスペースは2段ベットの上だけです。あとは全部共有スペース。家には合計で6人が住んでいます。こう考えるとめちゃくちゃ家賃高いですね。マンション一室の全体の家賃はオーナーにしかわかりませんが、私たちからの家賃収入はそんなに多くないようでした。

 

このマンションはサザンクロスという駅の前の高層マンションで、立地はとてもよかったです。シェアハウスから見える景色が好きでした。

f:id:oh_chan:20171206085653j:image

 

次に、パースではオウンルームに住んでいました。(ハイゲートというそこそこオシャレなエリア)

ここはマンションではなく一軒家タイプです。オーナーは日本人カップルで、他にチェコ人の男の子が住んでいました。パースはシドニーやメルボルンのような大都会と比べると、家賃が圧倒的に安かったです。

私の部屋はオウンルームで、クイーンサイズのベット、机、クローゼット、テーブルがついていて、週140ドルです。※シドニーの中心地だとオウンルームは週250ドルは越えます。

 

個人的に、人の少ない場所でのびのびと暮らしたい人にはパースは本当におすすめです。おまけに、給料も他の州より高い傾向にあり、以前書いたシドニーのジャパレスのような、違法賃金の店も少ないです。ただ、少し街が静かすぎて物足りないと感じる人もいるかもしれません、、、

 

最後に今住んでいるシドニーのシェアハウスです。(場所は都心のタウンホール駅の近く)

ここはマンションタイプで、オーナーは韓国人夫婦です。オーナーは一緒には住んでいません。

※個人的にはオーナーが一緒に住んでいる家のほうがおすすめです。オーナーがいないと誰も掃除しなくて家が汚くなったり、ルールを守らない人がいて家が騒がしかったりするので、、、。ただオーナーがいたら面倒なこともあります。水を少し長い間使ってたら指摘されたりとか、、、。

 

今のシェアハウスには、韓国人、イタリア人、オーストラリア人、中国人、日本人など合計8人で住んでいます。当然住んでいる中で、出て行く人や入ってくる人がいて、常に人の入れ替わりがあります。先日オーストラリア人が入居してきました。実際、オーストラリアでは、実家から出てこのように外国人とシェアハウスで暮らす若者も結構います。

私の部屋は3人部屋で、家賃は週150ドルです。シドニーの中心地にしてはそこまで高くなく、比較的満足しています。また、特に今の家はみんな仲が良く、シェアハウス生活を楽しんでいます。

 

今回は自分の体験から、3つのパターンを紹介しましたが、外国人と住むシェアハウスは本当にいろんな文化に触れることができて良い経験になります。みんなで一緒にお酒を飲んだり、パーティーをしたりもします。(たまに文化の違いから衝突することもありますが、、、まあそれもいい経験。笑)

私はシェアハウスはなるべく日本人がいないところを選ぶようにしています。異文化交流に合わせて英語の練習にもなるので一石二鳥です。

 

 以下のサイトでみんなよくシェアハウスを探すので、もし興味があればのぞいてみてください。

Gumtree(現地サイト/英語)https://www.gumtree.com.au/s-real-estate/c9296

日豪プレス (日本人向けサイト/日本語)https://life.nichigopress.jp/syd/accommo/

※ちなみに仕事を探すときも上記のサイトをよく使います。

 

では!

 

何かご質問やご意見、ライティングの依頼などがあれば下記までお願いします!

お問い合わせ:oh_0229@yahoo.co.jp