オーストラリアで年越し!シドニーのカウントダウン花火のおすすめスポット!

こんにちは。おーちゃんです。

あけましておめでとうございます!

 

もう2018年ですね。時間が経つのって本当に早いですね。毎年同じこと言ってるのに毎年その早さに驚いてしまう、この繰り返し。笑

今年の年越しは念願の海外で!オーストラリアのシドニーのあの有名な花火とともに新年を迎えました。

 

f:id:oh_chan:20180102134526j:plain

シドニーのハーバーブリッジやオペラハウス周辺から上がるこの花火は、世界的にも有名で、現地の人々だけでなく海外からも多くの観光客が集まります。当日にこの花火を鑑賞する人の数は100万超えだそうです。

今日はそのカウントダウン花火に参戦した私が、自分の経験をもとに、当日の振り返りと次回以降に行かれる方のためのオススメ情報を書きたいと思います。

 

花火は12月31日の夜21時と深夜0時に2回上がります。内容は異なっていて、メインはもちろん深夜0時の方ですね。

21時の方はファミリー花火といって家族向けにカウントダウンの数時間前に上がります。これはダーリングハーバー周辺で上がります。(下の図の⑭)

メインの方は図の上段部分にある花火たちです。カウントダウンとともに、ハーバーブリッジやオペラハウス周辺など、同時に数か所から上がります。

 

f:id:oh_chan:20180102142235p:plain

 

花火を見る上でとても大切なこと、それは「場所取り」です!どこの場所で見るかによって、見え方や楽しみ方が全く異なってきます。

中には朝の4時や5時から並んでいるという人もいます。まあそんなに早くから並べるならどこのスポットでも良い席が確保できると思います。

ただ、オーストラリアの年越しは真夏!とても暑くて紫外線も強いです。そんな中で15時間も20時間も待つのはかなり辛いですね。私は無理です。

 

ということで、今回は私がおすすめするシドニーカウントダウン花火の穴場スポットをご紹介したいと思います!

まず、図の下部分のエリアがシドニーの中心地です。橋(ハーバーブリッジ⑤)でつながれた上部分がノースシドニーと呼ばれているエリアになります。

 

一番人が集まるのは、サーキュラーキーといって、ハーバーブリッジ(⑤)やオペラハウス(⑪)があるエリアですね。番号でいうと⑤~⑪番付近。ここは花火も近いですし、なによりも中心地からのアクセスが抜群です。(下図の黄色部分)

ただ、個人的にはここは避けた方がいいと思います。とにかく人が集まるので、良い席の争奪戦。建物や木に隠れて花火がきれいに見えない、なんてことになる可能性大。

 

f:id:oh_chan:20180102171420j:plain

私がおすすめしたいのは、上図の黒線より上部分「ノースシドニー」のエリア。中心地からアクセスするためにはハーバーブリッジを越えなければいけません。(電車、車、フェリー、徒歩で行けます)ただし夜になると花火が上がる関係で橋が閉鎖されるので要注意。

私は夕方の16時前に電車で通りましたが特に問題なくスムーズに行くことができました。

 

まず最初に向かったのが図の②のスポットです。ここは間近でハーバーブリッジとオペラハウスどちらも見渡せて、人もそこまで多すぎることもなく、いい感じでした。ただもう少し遠くから全体像を見てみたいという思いがあって、そこから車で10分のところに移動することにしました。ちなみにUBER(タクシーアプリ)を使って$14(約1200円)でした。

 

そして私が向かったのが、図の右上④のエリアです。私が今回オススメしたいのが、ここ、「Cremorne Point」というところです。

 

f:id:oh_chan:20180102155240j:plain

メインの会場からは少し離れていますが、逆にそれのおかげで全体の花火を一気に見渡すことができます。その上に、なんといっても人があまり多くなく、とても快適に場所取りができるというのも大きなポイントです。

 

私たちは17時頃に会場についたのですが、ほぼ最前列の席を確保できました。おそらく20時頃に来ても同じような場所で花火が見れたと思います。

 

メイン花火までの間には航空ショーや船のライトパレード、プロジェクションマッピングなど様々な催しがあります。特に航空ショーはとても迫力があって個人的には花火と同じくらい感動しました!

f:id:oh_chan:20180102155520j:plain

※鳥ではなく飛行機です。写真だと凄さが伝わらない。。。

 

ただ船のパレードやプロジェクションマッピングは遠くてあまりよく見えませんでした。それだけこの場所の欠点ですかね。ただ花火メインで考えると全く問題ないと思います。

 

そしてだんだんと暗くなってきました。こんな感じでみんな待っていました。この写真は23時頃です。

f:id:oh_chan:20180102155736j:plain

※ちなみにシドニーのこの時期は日が暮れるのが21時頃です。20時台はまだまだ明るいんです。日本生まれの私からしたら、夜になってもずっと街が明るいので最初はすごく変な感じでした。

 

写真の右側後方にPoliceと書かれた警察の車が停まっていますが、この他にもかなり多くの警察の車両、救急車が待機していました。おそらくテロ対策と思われます。観光バス並みの大きさの救急車も来ていて、正直心の中でビビっていました。が、特に何も事件やケガ人などはいなかったみたいでよかったです。

 

そしていよいよメイン花火の時間です。みんなで声を合わせてカウントダウンしました!0時になるとともにハーバーブリッジから火が出て、それに続いて次々と花火があがっていきました。

 

f:id:oh_chan:20180102162154j:plain

オペラハウスとハーバーブリッジ、そのほかにもいろんな場所から花火があがって、コラボレーションがすごく綺麗でした!いい場所を確保できたおかげで、無料でとても贅沢な時間を過ごせました。花火は大体10分ほどで終わります。

 

そのあとはフェリーでシティー中心地まで帰ります。ただ、このフェリーがすぐには来なくて混雑して結構大変でした。1時間半ほど待ってやっと乗れたので、帰りは少し覚悟がいるかもしれません。車やタクシーで帰るというのも一つの手ですかね。ただ道路も混んでいるかも。どの方法にしても一気に人が帰るので混雑を完全に避けるのは難しいでしょう。

f:id:oh_chan:20180102162723j:plain

 フェリーの中からフェリー乗り場を撮った写真です。みんな早く帰りたくて必死。笑

 

ただフェリーに乗ってしまえばシティー中心地までは5分ほどでつきます。そこからはそれぞれ電車やバスや徒歩で帰宅。

フェリーの中からみるライトアップされたオペラハウスもきれいでした。

 

こんな感じで一日が終わりました。

おすすめ情報をまとめると、混雑を避けたいのなら、ノースシドニーのエリアに行く!さらにハーバーブリッジから少し離れると、人も少なくて全体の景色が見渡せる!

今回私が行った「Cremorne Point」というところは本当に落ち着いて見られてよかったです。ぜひ、次回以降の参考にしてもらえたらと思います!

 

※ちなみにオーストラリアは普段から外での飲酒は禁止されています。なのでお酒を持っていくことはできません。ただ、花火鑑賞スポットの中に数か所だけ飲酒可能なエリアもあるので、どうしても飲みたい方はそこに行くのをおすすめします!今回の図だと、⑪、⑫、⑯ですね。

 

f:id:oh_chan:20180102173403j:plain

 

では!2018年も良い年になりますように!

 

何かご質問やご意見、ライティングの依頼などがあれば下記までお願いします!

お問い合わせ:oh_0229@yahoo.co.jp